【アフリカインターン日記】第4週:お土産雑貨ショップの店長に就任しました!

13930

こんにちは、インターンの高橋です。と見せかけて、店長の高橋でーす!出世しました~

 

 

9月4日にタンザニアに来てから、早いものでもう一ヵ月が過ぎました。

その間わたしがインターンとして何をしていたのかというと、あるお土産雑貨ショップのリニューアルオープンに向けた準備、です!

そのショップはわたしの上司であるきみかさんがオーナーをするお店で、今回わたしは店長というポジションで動かせていただきました。

今日は英語もできないただのインターンが、数週間かけてジタバタした内容を書いていこうと思います。名付けて、わたしの苦労さりげなくオーナーにアピールしよう大作戦!!

 

、、、と思って何をやったか考えてみたら、実際ほとんど何もやってないという衝撃の事実が!!笑

 

13931

改装前

 

ローカル感溢れるお店の外観を変えるべく、新たに柵を組んだり、外も中も真っ白に塗りなおしたりしたのですが、ここまでは現地の人にやってもらい完了。

 

13928

 

新しいお店のイメージカラー、白に合うような内装にするため、ちょっとオシャレに商品をディスプレイできる棚と、外に置く植物を準備すること、これが主にわたしがやったことです(笑)

文字にするとめちゃくちゃ簡単に見えますよね?!

今、東急ハンズで解決~半日で終了~って思いましたよね?!

実際わたしも何回もそう思いました。

でもタンザニアに東急ハンズはないし、Amazonでポチることもできません。

もちろん、コストを気にしなければオシャレな棚は専門のお店に頼んで作ってもらえるし、既製品を買うことも出来るんです。

問題はただひとつ!予算がナイヨ!!ってことです、雇われ店長つらいな~

 

ということで、棚を自分たちで作ることにしました。

インターン23人目にして初の労働系インターン誕生です(笑)

 

この作業自体は楽しかったのですが、作り始めるまでが大変でした。

このリニューアル全体に言えることなのですが、どこになにが売っているのかさっぱりわからないし、作業の予定を立ててもその通りには進んでくれません。

 

13929

 

日本だったら、インターネットで大体の情報は手に入るし、お店で買い物をしても重いものは家まで配送してくれるので、一人でも出来るように思えますが、タンザニアではそうはいかないんです。

日本にいる時は割と自分一人でなんでも出来ると思っていたけれど、それは自分の力ではなくて環境の力だったんだな~と痛感させられました

タンザニアでは棚ひとつ準備するにも、木材探しから工房探し、値段交渉も全部実際にその場に行ってみないと何もわからないし、それだけで一日が終わります。

植物探しにしても道端に売っているようなところだと英語も通じなかったり、日本によくあるようなプランターが無かったり。

ここでは何をするにしても人の力を借りなければいけなくて、それがちょっと心苦しいと思う時もあるけれど、でもそのおかげでより周りの人の存在に感謝できているような気がします

まだまだ課題はたくさんありますが、がんばりまーす!

 

13930

 

お店は改善している最中なのですが、一応お店はリニューアルオープンしているので、タンザニアに来ることがあれば是非お立ち寄りください!!

ティンガティンガ村の中で、タンザニア産のはちみつやコーヒーなどのオーガニックフードやお土産を置いています!!

 

Facebook http://www.facebook.com/Nanas-873553916129013/

Instagram ID : nanas_xtz

どちらも始めたばかりですが、ぜひチェックしてみてくださいね。

またこんど、商品紹介やお店の紹介します!

 

唐突に、おしまい!!(あ、本当に棚と草だけやっていたわけではないです!!笑)

 

 

Please follow and like us:
20

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

ページ上部へ戻る

シェア大歓迎です!