【起業家・ビジネスマン必見!】タンザニアの面倒な会社登記が簡単に!?

3dd77042e11a94df9cdf795e2e364f70_s

どうも、名ばかり編集長の園部です。

アフリカの会社登記といえば、僕はこんな経験が。

①タンザニアの在住ビザをとるには、ワーキングパーミット(就労ビザ)が必要。なるほど。
②ワーキングパーミットをとるには、会社のビジネスライセンスが必要。ふむふむ。
③ビジネスライセンスをとるには、会社のTINナンバー(納税番号)が必要。はいはい。
③会社のTINナンバーをとるには、その会社の株主全員のTINが必要。あ、じゃあ俺もとらないといけないのね。

「個人のTINナンバーとりたいです!」とTRA(Tanzania Revenue Authorityへ)

「個人のTINをとるには、ワーキングパーミットが必要だよ!」→①に戻る!!!

無限のループが。

というのも、あくまで個人の体験ベースですが、TRAの職員さんもそれぞれけっこう違う説明・解釈をするんですね。

役所と役所がうまく紐づけられていなく、お互いが向こうが先だ!といいがち。

まぁ、こういうところをしぶとく付き合わないといけないわけです。

しかしこの前、会社の住所変更でBRELA(Business Regulations and Licensing Agenies)スクリーンをみるとビデオが流れていました。

それは、会社登記をオンラインで簡単にできるよ、というもの。(下記リンクからご覧ください。英語字幕付きです。)

http://www.brela.go.tz/

ビデオを見たらわかるように、UNIDO(国際連合工業開発機関)がサポートしているとのこと。

こういうお役所仕事が簡単になるのは大変意味のあることだと思います。

ルワンダなんかは簡単なのが有名ですが、タンザニアはちょっとアピールベタな感じがしますね。

とはいえ、実際にはまだまだ対人でのやり取りも残っていると思うので本当に便利なのかはまだわからないところです。

以上、ビジネスニュースでした!
(あくまで個人の体験ベースなので実際の手続きをされる場合は上記リンクを含め、最新の情報をご確認ください。)

Please follow and like us:
20

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

ページ上部へ戻る

シェア大歓迎です!