日本で報道されないアフリカニュース-ソマリアの飢饉をソーシャルメディアが救う。ソマリア飢饉を知ったある若者がTwitterで世界を動かす!?-

jeromejarre1

 

連続して悲しいニュースを取り上げているが、残念ながら、アフリカに関して楽しいニュースすら日本のメディアを賑わすことが少なく、いろいろな現状を伝えるためにどんどんいろんなトピックを取り上げていこうと思う。

 

ソマリアで起こっている飢饉について

 

先日どこかで見かけたニュースだったが、どれほど深刻なのか、具体的な数字がなかったため調べてみた結果、これがかなり悲惨のようだ。

 

ソマリアは「海賊」「自衛隊」「危険」というキーワードが日本では連想されることが多く、危険という認識以外はほぼないのが現状だろう。

グーグルで「ソマリア」「飢饉」でニュースを検索しようとしたら、上位は全く関係ないキーワードの羅列だったのも、その証拠だ。

キャプチャ

飢饉の深刻さを示す数字だが、WHOによるとソマリアの人口の半分の六百二十万人の人達に影響をあたえ、特に深刻なのは子供だ。すでに七万人の緊急性の高い子供が存在しているという。

 

飢饉の原因は干ばつだ。干ばつで作物が育たなくなり、人々は家畜を失い、さらに追い討ちのようにこの地域は長年の内戦やイスラム原理主義テロリストの巣窟にもなっているため、すぐに国際機関の援助が届きにくい現状がある。

 

実はこの地域は定期的に干ばつが起こり、25年前の干ばつの際には二十五万人の命が失われた。

 

 

この現状を知ったある有名なソーシャルメディアの有名人が立ち上がった。

彼の名はJerome Jarre。フランス出身のソーシャルメディア上での有名人であり、実業家でもある。

jeromejarre1

 

彼の友人がソマリアにボランティアにいき、友人から現状を聞いてその悲惨さを知った。早速、彼はツイッターでビデオを投稿し訴え始めた。

マスメディアが報道していないことへの抗議、さらに、ソーシャルメディア経由で「企業やユーザーにもっと知ってもらい、みんなで何かできないか探してみよう!」と呼びかけたのだ。

その際に、ソマリアに直行便を飛ばしているトルコ航空の協力を求め、

#TurkishAirlinesHelpSomaliaというハッシュタグを作って配信した。

jeromejarre3

 

その結果、彼の呼びかけはツイッターを駆け巡って、様々な有名人からも拡散され、当初予定していた、トルコ航空の協力だけではなく、クラウドファンディング経由から個人からも協力を得て、すでに2億円以上の支援資金を集めた。

 

jeromejarre4

アメリアの俳優のベンスティーラー

 

jeromejarre5

クラウドファンディングの達成額。

 

 

晴れて、トルコ航空が支援の形で10機の飛行機とともに、60トンの物資がソマリアに送られることになった。

 

jeromejarre2

 

悲しいニュースの中でも、小さなアクションが大きな渦になり世界中の人を巻き込んだとてもいい話。

 

 

記事元

http://www.aljazeera.com/news/2017/02/somalia-declares-national-disaster-drought-170228163745581.html

https://www.gofundme.com/LoveArmyForSomalia

@jeromejarre

Please follow and like us:
20

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

ページ上部へ戻る

シェア大歓迎です!