農業見本市ナネナネに潜入!前編~元インターン現役女子大生がタンザニアの農業で教育を変える~

8-1

 

皆様こんにちは。

前回の投稿から少し時間があいてしまってごめんなさい。締め切り間近の漫画家の気持ちがほんの5%くらいわかったような気がします(笑)

 

今日は、前回の記事でもお話させて頂いた通り、タンザニアで8月に行われている農業見本市「ナネナネ」のレポートをしていきたいと思います。

 

「ナネナネ」とは、スワヒリ語で数字の「8」を表します。そう、つまり「ナネナネ」とは、8月8日のことなんですね。

 

農業見本市自体は5日ほどの期間で開催されます。そんな見本市に昨年2016年の8月5日、うちのスタッフ全員で行ってまいりました。

 

毎年会場は変わるらしいのですが、昨年は“モロゴロ”というところが開催地でした。私たちが住んでいるダルエスサラームから車で片道4時間ほどの時間をかけて行ってまいりました!!

それではレポートスタートです。

農業見本市ナネナネとは!?

朝5時に起床。さぁ出発です。行きの車はほとんど寝てしまったため覚えていません・・・ごめんなさい!
モロゴロ周辺だとタンザニア人から起こされ早速目に入ってきたはこの壮大な山々でした。これはタンザニアでも有名なウルグル山という山らしいです。なんだがお腹がいたくなりそうだなと思いつつ、見本市へ到着しました。

8-1

かの有名なウルグル山(笑)

 

見本市と言っても日本の東京ビックサイトや幕張メッセなどの屋内のがっちりとした見本市ではなく、屋外のオープンスペースの見本市です。

 

入場料は一人500タンザニアシリングとかなり安めですTSH500といえば日本円にしたら25円くらいです。ちなみにコカコーラは2000シルなので、日本円だとざっと50円くらいなイメージです。

 

入場すると、目に入ってくるのは、鶏・鶏・鶏!!!です。

そう、以前もブログで話したように、タンザニアでは鶏の飼育が流行っています。というのも低コストで鶏を買うことができ、毎日卵を産んでくれるため、生産性が高く、最悪お金にならなくても、自分たちで食べることができる、そんな利点があり流行っているんですね。

8-2

まだ放し飼いじゃないだけいい

 

8-3

 

それでもって、エッグインクベーターも一緒に売っていたりします。うちの会社でもエッグインクベーターを作ろうと思っているのですが、なかなか温度調節の部分が技術的に難しくタンザニア人スタッフが他のエッグインクベーター製作所に修行に行っています。

8-4

この温度調整が難しい

 

ナネナネには、肥料などもたくさん売っています。

今回見つけた日本ブランドがこれ!

8-5

 

住友化学さん、さすがですね〜。

タンザニアでは、「日本ブランド」=「いいモノ」というイメージが根付いてるように、私自身は思います。生活用品レベルでは中国製品でもまだまだ問題はないと思うのですが、大型機械や工具など、やはりそれらのツールで会社の舵をきる人たちは皆、中国製品は基本避けていきます。

もちろんこのご時世中国製品もバージョンアップはしているので、安かろう悪かろうが一概に言えなくなってきているのかなとはうすうす思ってきているところですが。

 

 

ひとまず前半部分でのレーポートはここまでとして、また次回後半を書きたいと思います。

 

結構、話は変わり真面目になっちゃうのですが、最近聞いた話で「確かに!」と思った話があります。それは、もともと三越伊勢丹でバリバリの営業マンをしていた現在74歳の方の話なのですが、企業や事業が発展するためには3つ重要なことがある。と。その3つの重要なことを守れれば必ず成長すると。みなさん、なんだと思いますか?

 

その3つとは・・・・
①「人を喜ばせること」

②「約束を守ること」

③「相手を儲けさせること」

 

だそうです。私がこれまでjmechのためにやっていたことの視点はJmechにしかありませんでした。それが発展を妨げているんだと、気づきました。本当にお客さんを儲けさせることをしていたか、相手が喜ぶ営業から販売まで、またその後のサポートまでしていたか。「はっ」とさせられた3つの言葉でした。

きっと、相手のために心底何かを行った時に自分に喜びなり、金銭的なリターンなりが帰ってくるのだなと。確かに、湯船でつかりながら自分にお湯を寄せようとするとお湯は跳ね返って自分から遠ざかります。しかし、お湯を向こう側に寄せようとすると自分の方にお湯が寄ってきます。

 

つまりは、他に与えることが自社の発展への一番の近道なのだなと、気付いてしましました。

 

なんだか哲学ちっくになってしまった気がしますが、こういう話を書き留めておくのもいいなと思い、つい書いてしましました・・・・(恥)

 

次回はナネナネレポートの後半戦デス!

Please follow and like us:
20

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

ページ上部へ戻る

シェア大歓迎です!