アフリカ生まれアフリカ育ち、きみかの日本人に喝ッ!~アフリカで日本人は差別される?!~

527853

年々アフリカでビジネスを起こす日本人が増えている気がする。
さらに「アフリカビジネス」というキーワードもウェブ上でよく見かけるようになった。私が学生の時は、一般的に日本ではアフリカといえば戦争、飢餓、治安の悪さで、それが年々アフリカは起業する場所の一つとして認識され、アフリカ=ビジネスという認識が徐々に増えている。

アフリカで仕事をする前に日本人であることを自覚すること、そして差別されることに慣れること。これが一番大事。

差別は悪いという認識が一般的ですが、人間誰しも人間全員一緒信仰を持っているわけではない。ましてや地球の裏側に流れ着いて、人間みんな一緒だなんて、それこそ教科書やメディアで言われていることを理解せずに鵜呑みにしているだけだ。

文化背景が違うだけで、受けた教育が違うだけで、どれだけ一般常識にずれが生じるか。否定する人がいたら一回外国に出てください。アフリカに来てください。自分がどれだけ地元の人と違うのか思い知らされることでしょう。

人間はみんな一緒ではない。それぞれの個性がある。その個性を共有しているあるコミュニティーに対して、誰かが否定的なことをすると「人種差別」「宗教差別」「性差別」とマスコミやアクティビスとがそろって抗議しだす。マスコミなどが取り上げるから、世間の注目の話題になり、世論が動かされる。

差別に慣れるべきである

ただ、個人間で行われている差別は日常的に行われている。度が過ぎるといじめに発展する。
日本は日常的にこの差別が少ない国の一つだと感じている。あまり個性を伸ばさない教育で育つので、結果その傾向が少ないのではないか。
私が初めて通った日本の中学校の制服から、髪型、ソックス、鞄まで全生徒指定され、外見的な差がつかないようにされていたのは今思い返しても衝撃だ。

アフリカに来ると当然日本とは違う環境に日本人は置かれる。日本とは真逆といってもいいくらいだ。そして、地元の人たちも私たち日本人を外人として扱ってくる。これを私は差別と呼んでいる。それは地元の一般人だけではなく、行政も同じだ。

日本人は単一民族の環境で生活するのになれているからか、この差別されることに対して著しく対応が苦手だと個人的に感じている。最初はそのギャップに戸惑い、相手や環境のせいにしてしまう傾向にある。
私からしてみると、日本人と仕事をしたことも会ったこともない人が、同じ人間として扱ってくれることはまず考えられない。ある程度の偏見をもって接してくることに関しては当たり前だと認識するほかない。
私も長年この環境で育ち、仕事をして日々感じている。同じようにみてくれたらどんなに楽か。どんなにことがスムーズか。でも、そうはならない。それもグローバル化で徐々にはなくなってくると推測するが、まだまだ健在の問題だ。

一般常識は通用しない

それではどのように対処すべきか。
まずは自分がアフリカでは異端だと自覚すること。そして、自分の一般常識が適応されないと認識すること。そうすると相手と同じ認識で接することができる。その関係性を構築したのち、日本人としての自我をきちんと相手に伝えることが重要だ。これが関係を構築する上でのステップ2。日本人はどう違うのか、どのような文化なのか、どのような性格なのかなどなど日本人としての自分をあえて認識されることがポイントだ。
そうすることによって相手は、「得たいの知らない外人」から「日本人」としてきちんと差別してくる。そのうち、日本人の良いところ、悪いところまで真似するようになってくる。そうなると、だんだんお互いのピントが合ってくる。関係性がここまで成長すると、国籍、文化、肌の色を超えた家族のような関係性になる。

この家族のような関係性をアフリカの友人、ビジネスパートナーと築くことはビジネスを成功する上でとても重要だ。家族が一番差別の少ない集合体だからだ。

なので、日本人に喝!差別されることを恐れずにアフリカ人とどんどん家族になっていこう。

Please follow and like us:
20

関連記事

コメント

    • 通りすがり
    • 2017年 5月 29日

    アフリカ大陸に1000日ぐらいいるのが、まともなのは南ア、ナミビアぐらいじゃ無い?
    イリーガルな事を躊躇なく判断し上手くアフリカ人を使いこなす中国人はすごいと思う。
    日本レベルの先進国の民度ではアフリカ人の民度と雲泥の差、天と地の差があるからビジネスパートナーとしては非常に難しい。
    日本人がビジネスするならイリーガルなことに手を出せば可能かもしれないが、まともな日本人はしないだろう。
    ギブアンドテイクなんだそれ?、約束?しらんがな、嘘は認めなきゃ罪にならないよ?
    いくら文化の違いがあると言っても、こんな考えが国際社会においてまかり通るわけがない。
    我々先進国が火星に降り立ったとしても、アフリカは何も変わらないかさらに混沌を極めるだろう。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

ページ上部へ戻る

シェア大歓迎です!