アフリカ生まれアフリカ育ち、きみかの日本人に喝ッ!~時間の使い方がど下手な日本人?!~

527853

これは常日頃、私自身が感じて自覚しているところである。
なぜならば日頃から日本人と日本と時間間隔のズレをすごく感じるからだ。
一言でいうと「時間にルーズ」「約束を守らない」人間としては、最低な私である。

そして、この「時間にルーズ」「約束を守らない」というのは、日本人ビジネスマンがアフリカにきて一番こぼす愚痴だ。「時間にルーズ」「約束を守らない」アフリカ人は最低だと。ビジネスマインドがなっていないと。
確かに、日本でビジネスをしてて「時間にルーズ」「約束を守らない」のはよっぽどのことがない限り、あり得ない。ただ、アフリカではこのよっぽどのことが結構日常茶飯事におきる。

普段は20分でいけるところが渋滞で2時間かかることはざらだし、子供みたいに大の大人がしょっちゅう病気にかかるし、親戚や知人の葬式は毎日どこかで行われている。
こういった環境で仕事をしていると、仕事より優先せざるを得ない理由を毎日いくらでも見つけることができる。

日本人とアフリカ人の違い

それでは日本人はなぜ時間にルーズではなく、きちんと約束を守れているのか。そして、なぜアフリカ人はそれができないのかちょっと真面目に考えてみた。

理由は様々あると思う。

① 環境の差。
公共の交通手段が時間通りこない。交通の便が悪い。挙げたらきりがない環境の差だ。

② 教育の差。
アフリカでは学校でも先生が時間通り来るは世界の七不思議並みに不思議な出来事なのだ。そんな教師を見て育ったら、時間を守ることは当たり前ではなくなる。

③ 文化的背景の差。
日本は「礼儀=相手に迷惑をかけないこと」を重んじている文化背景を持っている。アフリカ文化が礼儀に欠いているということを言いたいわけじゃなく、日本人ほど、他人に迷惑をかけることが悪いという価値観がない。むしろ、みんな家族なので、迷惑をかけてこそ仲が良いと考えている人も多いんじゃないか、とさえ思う。
④ ビジネス環境の差。
仕事をするために生きている人が日本に比べて少なく、生きるために仕事をしている人がほとんど。なので、ある程度の生活が保障されると、優先順位はどうしても個人的なプライベートの生活の方が高くなってしまう。

⑤ 性格の差
アフリカ人と仕事をしてて、一番感じるのは「きめの細やかさのなさ」。とにかく細かいことを気にする性格は、日本を一歩出て、アジア圏であったとしても感じる差なので日本人特有とでもいえる。この差は日本人が一番フラストレーションを感じる点なのではないでしょうか。

⑥ その他
私が思いつかない様々な理由。思いついた方々にはぜひご教授いただきたい。

社会的な理由、文化的な理由、人間性、規則、法律、と様々な理由が出てきたが、大きくまとめてしまうと、時間に対する価値観が違うというひとくくりでまとめてしまえる。

価値観は育った環境に大きく左右されるわけなので、日本と同じ環境で育った人間なら、同じ価値観を共有でき、「時間にルーズ」「約束を守らない」は評価できないのは十分理解できるが、アフリカ人に対して、同じ価値観を求めるのは最初からナンセンスといえるだろう。

対処法はあるのか?

それではどのようにして「時間にルーズ」「約束を守らない」のフラストレーションをアフリカで軽減できるか。

簡単なことだが、気にしない。そんなもんだと理解して割りきる。これが一番。
いちいち気にしていたらせっかくのチャンスも見逃してしまうような環境なので、「はい。次!」ともっと別な問題に取り組んだ方がよっぽど時間の節約になる。
もうひとつは、アフリカのビジネスマンがよくやっていることだが、ダブルブッキングをする。それは相手が来ないことを予想して、他の同レベルの案件のアポをダブルブッキングしてしまう。時間どおりきてしまったら待ってもらえばいいと、これもすごく簡単な解決方法だ。時間を管理する主体は、あくまでも自分に置いて、自分が相手の時間をコントロールできるようにしてしまう。これでだいぶフラストレーションは解消できると思う。

日本人に喝!細かいことをくよくよせずにもっと大きな課題に取り組んで、アフリカのポレポレ時間を有意義にすごせよ!

Please follow and like us:
20

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

ページ上部へ戻る

シェア大歓迎です!